スマホ版に切り替え

HOME->回春エステ->十三 風俗

十三 風俗
  2015-08-18
十三の風俗店から 

回春風俗エステ|さら
※写真は「さら
梅田で遊ぶようになりました。妻が宝塚の大ファンでその影響から今度時間があるときには、フランスへ行きたいねという話は常々しています。実際なかなか行く機会に恵まれないまま、数年が過ぎました。
 
先日、出張先の京都から自宅の十三に直接戻るのはちょっとなと思い、寄り道することにしました。
 
ちょうど、京都美術館でルーブル美術館展が催されていました。多少は絵画を眺めるのが好きだったので、目の保養には良いかなと思いました。ミレーの落穂拾いを観た時に、ミレーはどんな思いでこの作品を描いたのかなと考えました。普通の農民が刈り取った麦の穂を刈った後の下に落ちている穂を、それよりも貧しい人々が拾い上げている光景と、その背景にいる馬に乗った地主の楽しげな様子とが対照的に描かれています。
 
フランスに思いを馳せている私は、セーヌ川ならぬ淀川を渡り、エッフェル塔ならぬ通天閣を望み、凱旋門ならぬ黒門市場で買い物をして帰ろうと思いましたが、途中梅田に寄って前から気になっている回春エステのお店に連絡をしました。いつもは十三の風俗店で遊んでいる私ですが、今日は気分を変えて梅田にしました。
 
堂山町にあるホテルで待合わせをして、部屋に入って、シャワーを浴び、ベットでプレイが始まりました。知らず知らずの間にお尻に張りがあったようで、お尻を重点的にマッサージをしてもらいました。仕事がデスクワークのためか疲れが溜まっていたらしく、時間終了の頃にすっかりと凝りもとれ、すっきりした気分になりました。
 
ただ、このまま帰れば妻にわかってしまうと思いました。なにせ、ポワロのような洞察力があるため、先手を打って、梅田にある大丸に寄って、前から欲しがっていたエルメスのバーキンをプレゼントして、勘弁してもらおうと思いました。バック関係は、口コミによると、パリの本店には少ないらしいようなので。
 ⇒ RSS2.0を取得
 ⇒ atomフィードを取得
 ⇒ 風俗 エステ 情報一覧


最寄りのエリアで遊べるお店をご紹介致します

閉じるボタン
回春性感マッサージ倶楽部
痴女性感フェチ倶楽部

店名の右表記は、閲覧中店舗の無料エリアへ「女性を派遣する際の出張料金」となります